殺処分の現状から目をそらしてはいけない

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ねこはすごい

『ねこはすごい』

著者
山根明弘 [著]
出版社
朝日新聞出版
ジャンル
自然科学/生物学
ISBN
9784022736529
発売日
2016/02/12
価格
821円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

殺処分の現状から目をそらしてはいけない

[レビュアー] 図書新聞

 もはや留まるところを知らない猫ブーム。『ねこの秘密』の著書もある動物学者が、猫の生態を分かりやすく解説した一冊。漁業が盛んな島国日本では、船をかじるネズミは漁師にとって天敵中の天敵。「ネズミを退治するねこは、当然のことながら重宝され、船の守り神として大切にされてきました」。著者は、日本人の猫好きはこのあたりが理由ではないかと指摘。なるほど! また、犬は群れで狩りをするが、猫は一匹で獲物を仕留める究極のハンターであるという。かわいさの中に秘められたスナイパーとしての能力は、「すごい」というよりは「怖い」!? と同時に年間に一〇万匹もの猫が人間の手により殺処分されている現状も報告。ブームの裏側にある、ただ命をもてあそぶ身勝手な人間の実態から目をそらしてはいけない。(2・28刊、二一八頁・本体七六〇円・朝日新書)

図書新聞
2016年8月6日号(3266号) 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

図書新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加