明文堂書店石川松任店「異様な世界に足を踏み入れて……。」【書店員レビュー】

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

再生ボタン

『再生ボタン』

著者
福澤 徹三 [著]
出版社
幻冬舎
ISBN
9784344405585
価格
576円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

明文堂書店石川松任店「異様な世界に足を踏み入れて……。」【書店員レビュー】

[レビュアー] 明文堂書店石川松任店(書店員)

集まった人たちが一人ずつ順番に怖い話を語っていくという怪談話の定番(・・・・・・というよりは、合宿・修学旅行の夜の定番みたいな言い方のほうがしっくり来る感じがしますね)のような形式で始まる物語は意外な展開を辿り・・・・・・「怪の再生」、印刷会社の課長である清水は多忙で、頭を下げ続ける仕事に鬱屈とした想いを抱えていた。そんな清水の前に、謎めいた美しい女性《加奈子》が現れる。妻子はいたものの、彼女と交際するようになった清水だったが、彼女はあまりにも謎めいていて。恐怖の中に切ない恋愛小説の味わいが残る……「幻日」など、掌編・短編小説が十編ならぶ作品集。
背筋が凍るような作品から切ない余韻が残る作品まで、多種多様な恐怖(あるいは不思議さ)が描き出されています。ここに書かれている恐怖というのは身近にいくらでも潜んでいそうで、だからとてもリアルで怖いのかもしれません。あなたが恐怖を求めているなら、絶好の一冊となるはずです。現実と妄想の区別がつかなくなるような独特な雰囲気を持つ恐怖の世界に足を踏み入れてみませんか?

トーハン e-hon
2016年08月3日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

トーハン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加