浅丘ルリ子の自叙伝『私は女優』 元夫・石坂への思いを綴る

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は女優

『私は女優』

著者
浅丘 ルリ子 [著]
出版社
日本経済新聞出版社
ISBN
9784532169947
価格
1,836円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

浅丘ルリ子の自叙伝『私は女優』 元夫・石坂への思いを綴る

[レビュアー] 碓井広義(上智大学文学部新聞学科教授)

 現在、脚本家の倉本聰が“新作”を執筆中だ。それだけでドラマファンはわくわくする。しかもNHK朝ドラのように毎日放送する帯ドラマだ。放送は来春からで、タイトルは『やすらぎの郷(さと)』(テレビ朝日系)。

 一世を風靡した芸能人が暮らす老人ホームが舞台だ。かつての大女優や人気俳優が一つ屋根の下で晩年を過ごす。過去と現在のギャップ、病と死の恐怖、残り火のような恋情など、それぞれが葛藤を抱えており、“やすらぎ”どころか、濃厚な人間ドラマが展開されることだろう。

 倉本は具体的な役者を想定して、“あて書き”をする作家だ。配役には、その意向が大きく反映される。今回の主人公は、倉本自身を思わせるシナリオライター・菊村。演じるのは石坂浩二(75)である。そして本作のヒロインともいうべき大女優役が浅丘ルリ子(76)なのだ。

 よく知られるように、2人は30年間も夫婦だった。結婚のきっかけは倉本が書いた『2丁目3番地』(日本テレビ系、71年)であり、夫婦役が本物になったのだ。結婚から45年、離婚して16年、元夫婦が倉本ドラマで再び共演する。加えて、結婚前に石坂の恋人だった加賀まりこ(72)も出演者の一人。倉本が仕掛ける虚実皮膜のドラマが期待できそうだ。

 この自叙伝『私は女優』には、石坂との出会い、倉本に付き添われた石坂の結婚申し込み、楽しかったという結婚生活、さらに離婚の経緯も率直に綴られている。伝わってくるのは、離婚会見の5日後に再婚した石坂に対する慈母のような愛情だ。

 一方、熱烈な恋愛といえば、「運命の人」にして「結ばれぬ恋」と著者がいう日活時代の小林旭である。スターがスターだった時代。「一目会ったときから私は恋に落ちていた」とはいえ、その成就は難しかった。しかし、私生活の不幸さえも血肉に変えていくのが役者の業(ごう)。だからこそ浅丘ルリ子はこれまで、そしてこれからも大女優なのである。

新潮社 週刊新潮
2016年9月1日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加