『美しい距離』 山崎ナオコーラ著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美しい距離

『美しい距離』

著者
山崎 ナオコーラ [著]
出版社
文藝春秋
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784163904818
発売日
2016/07/11
価格
1,458円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『美しい距離』 山崎ナオコーラ著

[レビュアー] 朝井リョウ(作家)

 末期の癌(がん)を患った妻と、死にゆく姿を見守る夫。本文から「私」「僕」等の一人称が丁寧に省かれているので、読み手自身が言葉の隙間に分け入っていかざるを得ない。予想を裏切る展開があるわけではないが、難病もの、なんて枠には到底収まらない作品だ。

 特に印象的なのは、語り手である夫の、医者や介護保険認定調査員が自分の知っている「癌患者」の物語に妻を当てはめようとすることを徹底的に拒む姿勢だ。妻を妻個人として見つめようと努める夫の想像力は、看病に心血を注ぐ自身の行動の細部に及ぶ。その結果、愛する人の死という既視感のあるテーマが彼だけの新鮮な思考で結ばれる。

 この作品は、「誰にでもわかる言葉で、誰にも書けない文章を書きたい」と話す著者の姿勢を反映しており、厳選された言葉で紡がれた小説にしか宿らない凄(すご)みのようなものがある。最近売り上げを伸ばしているキャラクター小説や、わかりやすく共感、感動できる小説にも勿論(もちろん)面白い部分が多いが、今作のような小説ならではの言葉と思考の響き合いに触れられる作品に、もっともっと出会いたい。

 文芸春秋 1350円

読売新聞
2016年8月28日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加