ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)「喝!!」【書店員レビュー】

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

九十歳。何がめでたい

『九十歳。何がめでたい』

著者
佐藤 愛子 [著]
出版社
小学館
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784093965378
発売日
2016/08/01
価格
1,296円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)「喝!!」【書店員レビュー】

[レビュアー] ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)(書店員)

「怒りの書」と帯の紹介文にあります。確かに、文中「!」が頻出します。佐藤先生による「喝!」とでも言うべきエクスクラメーションマークが。 「進歩」した「文明社会」に対する違和感。「進歩」の代償として失われていく人の「情」、そんな世への嗟嘆。時にユーモアを交えつつ、「卒寿?ナニがめでてえ!」「いちいちうるせえ!」と弛んだ世の中を一喝する。そんな名エッセイ28編。 以下、個人的余談。私の祖母も90歳。50歳近く年下の私より元気でパワフルです。 「五十六十花が咲き、七十八十実が成って、九十百歳熟れ盛り。」…ふと、ある偉人のこんな名言が頭をよぎりました。

トーハン e-hon
2016年8月19日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

トーハン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加