【写真集】光を捕まえたい『Light of』蜷川実花

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Light of

『Light of』

著者
蜷川 実花 [著]
出版社
河出書房新社
ジャンル
芸術・生活/写真・工芸
ISBN
9784309277370
発売日
2016/07/26
価格
2,916円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【写真集】光を捕まえたい『Light of』蜷川実花

[レビュアー] 産経新聞社

 蜷川は跋(ばつ)にこう記す。《光の軌跡に手を伸ばす/空は恐ろしいほど、深く青く高い/光を捕まえたい/助けを求めるその刹那、私達は幸福のなかにいる》

 本書は花火とフェスの光をテーマに構成された作品集だ。

 フェスの会場では、乱舞する強烈な光をつかもうとするかのような恍惚(こうこつ)状態の群衆の手を切り取る。その刹那、群衆は確かに幸福のなかにいる。

 花火会場では、その美しさにため息をつくのではなく、花火が放つ光の一筋一筋、一粒一粒を捕らえようとするかのようにシャッターを切っている。その刹那、蜷川自身もきっと幸福のなかにいたのであろう。

 ポップで鮮やかな色を持ち味とする蜷川は平成8年、キヤノン写真新世紀で優秀賞に輝き注目され、13年には木村伊兵衛写真賞を受賞して、写真界に確固たる地位を築いた。

 ところが本書では、鮮やかさに紗のかかった作品が大半。光によって個性的な鮮やかさを表現する蜷川が、光そのものをモチーフとしたときにこのような表現をとるのは意味深長である。(河出書房新社・2700円+税)

産経新聞
2016年9月3日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加