『『イムジン河』物語 “封印された歌”の真実』喜多由浩著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『イムジン河』物語 “封印された歌”の真実

『『イムジン河』物語 “封印された歌”の真実』

著者
喜多 由浩 [著]
出版社
アルファベータブックス
ISBN
9784865980189
発売日
2016/08/19
価格
1,728円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『『イムジン河』物語 “封印された歌”の真実』喜多由浩著

[レビュアー] 産経新聞社

 昭和43年、ザ・フォーク・クルセダーズのレコード『イムジン河』は朝鮮総連の抗議で突然、発売中止になった。以来、タブー視され、30年間以上も「闇の中」へ封じ込められてしまう。

 元メンバーのきたやまおさむや、日本語の詞をつけた松山猛、当時の朝鮮総連担当者、レコード会社の担当ディレクターなどの証言をもとに事件の舞台裏が初めて明かされる。この歌が北朝鮮では忘れ去られ、金正日総書記ですら「出自」を知らなかったこと、韓国歌手の訪朝公演で耳にした日本人拉致被害者を勇気づけた秘話も興味深い。(アルファベータブックス・1600円+税)

産経新聞
2016年9月4日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加