【児童書】『きみは しっている』五味太郎著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • きみはしっている
  • くじらだ!
  • ちいさなきしゃ

書籍情報:版元ドットコム

【児童書】『きみは しっている』五味太郎著

[レビュアー] 高橋天地

 

■手玉に取られて楽しもう

 これまで400冊を超える絵本を発表してきた五味太郎さん(71)のロングセラー3冊、『くじらだ!』(昭和53年)、『きみはしっている』(54年)、『ちいさなきしゃ』(57年)が「五味太郎クラシックス」として装いを新たに刊行された。いずれも「古典」ではあるが、いま読んでもすごく斬新だ。

 3冊の中でも異彩を放っているのが、読者参加型の『きみはしっている』だ。おっちょこちょいのコンドルが荒野の岩場に翌日分の肉を隠し、読者にこう呼びかける。

 〈いいかい!? このほんをいまよんでいるきみ! これはぼくのにくだぞ。あしたまた、たべるぶん。だからだれにもとられないように、ここにこうしてかくしておくというわけさ〉

 読者はいきなり目撃者として、作品世界に取り込まれてしまう。翌朝、にくは姿を消し、コンドルは犯人捜しに奔走する。犯人は誰だ? 読者を鮮やかに手玉に取る五味さんの至芸を堪能してほしい。ミステリー好きの大人も楽しめる傑作だ。(岩崎書店・1400円+税)

 高橋天地

産経新聞
2016年9月11日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加