『小さな出版社のつくり方』永江朗著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小さな出版社のつくり方

『小さな出版社のつくり方』

著者
永江 朗 [著]
出版社
猿江商會
ジャンル
社会科学/社会
ISBN
9784908260063
発売日
2016/09/26
価格
1,728円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『小さな出版社のつくり方』永江朗著

[レビュアー] 産経新聞社

 本の市場が年々縮小するなか、小さな出版社を興した11社、12人の人々に会って聞いた話をまとめたものだ。多くが出版社の編集者として働いてきた人たちゆえ厳しさは承知のうえでの船出だ。

 「ころから」の木瀬貴吉さんは《資本の大きなところが必ずしも勝つとは限らないのが出版の面白さだと思います》と話す。「共和国」の下平尾直さんのように《10万人も私と同じ考えの人がいる世の中は気持ちが悪いじゃないですか。1000人がちょうどいいと思いますね》とベストセラーに背を向ける人も。本の世界は捨てたものではないとの感を強くした。(猿江商會・1600円+税)

産経新聞
2016年9月25日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加