『不平等論 格差は悪なのか?』

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不平等論

『不平等論』

著者
ハリー・G・フランクファート [著]/山形 浩生 [訳]
出版社
筑摩書房
ジャンル
哲学・宗教・心理学/哲学
ISBN
9784480843111
発売日
2016/09/12
価格
1,620円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『不平等論 格差は悪なのか?』

[レビュアー] 産経新聞社

 著者は道徳哲学を専門とするプリンストン大学名誉教授。平等主義が社会をよりよい方向に是正してきたことを認めつつ、教条的な平等主義は、人間にとって極めて危険であると主張する。平等や不平等を言い立てるのは他人と自分を比較する行為であり、それによって自分を引き上げたり、他人を引きずり下ろしたりするのは道徳的とはいえないからだ。

 本書の訳者である山形浩生氏は「自分が本当に何を求め、必要としているのか−それは他人との比較で決まるものではなく、自分自身の問題として、自分で考えるべきだ」と著者の主張を要約する。(ハリー・G・フランクファート著、山形浩生訳・解説/筑摩書房・1500円+税)

産経新聞
2016年10月2日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加