『冲方丁のこち留 こちら渋谷警察署留置場』冲方丁著

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冲方丁のこち留 こちら渋谷警察署留置場

『冲方丁のこち留 こちら渋谷警察署留置場』

著者
冲方 丁 [著]
出版社
集英社インターナショナル
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784797673319
発売日
2016/08/26
価格
1,296円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『冲方丁のこち留 こちら渋谷警察署留置場』冲方丁著

[レビュアー] 産経新聞社

 昨年8月、人気作家は突然、妻を殴ってケガをさせたという、身に覚えのない傷害容疑で逮捕された。無罪放免されるまで「渋谷署の27番」として過ごした9日間の留置場生活を詳細に描く。

 逮捕直後の〈人権侵害祭り〉から、留置場の劣悪な環境、ストーリーありきの取り調べ…。読んでいると暗澹(あんたん)たる気分になるが、精神的にも肉体的にも社会的にも追い詰められる〈不条理なゲーム〉に、〈笑い声を、真っ向からぶつけてやること。それが、ものごとを良い進歩へと導く、ひとつの方法であるのだ〉と、あえてユーモアを交えて描く。(集英社インターナショナル・1200円+税)

産経新聞
2016年10月9日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加