『スマホをやめたら生まれ変わった』 クリスティーナ・クルック著 安部恵子訳 ネットの奴隷になっている人に必読の書

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホをやめたら生まれ変わった

『スマホをやめたら生まれ変わった』

著者
クリスティーナ・クルック [著]/安部 恵子 [訳]
出版社
幻冬舎
ISBN
9784344030060
発売日
2016/09/23
価格
1,512円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『スマホをやめたら生まれ変わった』 クリスティーナ・クルック著 安部恵子訳 ネットの奴隷になっている人に必読の書

[レビュアー] 産経新聞社

 芸術、文化、テクノロジーを得意とするカナダ人ライターで、夫と3人の子供と暮らす著者は、インターネットにからめ捕られている生活から解放されようと、31日間、インターネットをオフにする。それはスマホよりも目の前にいる人々を優先する闘いであり、そんな著者を支えたのは、自分の体験を毎日手紙に記録し、協力者の友人に郵送することだった。

 本書には、インターネットを便利な道具として使用するために必要なことが実感のこもった言葉でつづられている。インターネット(スマホ)の奴隷となっている現代人にとって必読の書であろう。(クリスティーナ・クルック著、安部恵子訳 幻冬舎・1400円+税)

産経新聞
2016年10月9日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加