『熊と踊れ 上下』アンデシュ・ルースルンド&ステファン・トゥンベリ著、ヘレンハルメ美穂、羽根由訳 「これはな…熊のダンスだ」父の暴力に支配された3兄弟は長じて強盗団に

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

熊と踊れ 上

『熊と踊れ 上』

著者
アンデシュ・ルースルンド [著]/ステファン・トゥンベリ [著]/ヘレンハルメ 美穂 [訳]/羽根 由 [訳]
出版社
早川書房
ジャンル
文学/外国文学小説
ISBN
9784151821516
発売日
2016/09/08
価格
1,080円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

熊と踊れ 下

『熊と踊れ 下』

著者
アンデシュ・ルースルンド [著]/ステファン・トゥンベリ [著]/ヘレンハルメ 美穂 [訳]/羽根 由 [訳]
出版社
早川書房
ジャンル
文学/外国文学小説
ISBN
9784151821523
発売日
2016/09/08
価格
1,080円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『熊と踊れ 上下』アンデシュ・ルースルンド&ステファン・トゥンベリ著、ヘレンハルメ美穂、羽根由訳 「これはな…熊のダンスだ」父の暴力に支配された3兄弟は長じて強盗団に

[レビュアー] 産経新聞社

 「これはな…熊のダンスだ、レオ。いちばんでかい熊を狙って、そいつの鼻面を殴ってやれば、ほかの連中はみんな逃げ出す」。こう諭した父の暴力に支配された家庭に育った3兄弟はスウェーデン中を脅かす強盗団になった−。

 実際の事件がモデル。3兄弟と幼なじみが銀行を襲うシーンが実にリアルだ。リーダーである長兄レオの緻密さ、大胆さに目を見張るが、父を嫌悪しながら、その血を濃く感じさせるところが悲しい。

 一方の追う警部にも“過去”がある。物語の底に響くのは「暴力の連鎖」と「家族の絆」。加速する後半は一気読み必至だ。(アンデシュ・ルースルンド&ステファン・トゥンベリ著、ヘレンハルメ美穂、羽根由訳 ハヤカワ文庫・各1000円+税)

産経新聞
2016年10月9日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加