『60年代ポップ少年』亀和田武著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

60年代ポップ少年

『60年代ポップ少年』

著者
亀和田 武 [著]
出版社
小学館
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784093884716
発売日
2016/10/12
価格
1,782円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【書評】『60年代ポップ少年』亀和田武著

[レビュアー] 産経新聞社

 1949年生まれのコラムニストが、12歳から22歳までの10年間を描いた自伝的エッセーである。勉強を放棄した著者が愛したのは、甘いメロディーの感傷的ポップス、SF、ジャズ、永島慎二、フランス映画、『ライ麦畑でつかまえて』…。感傷的ポップスを撃退したビートルズは大嫌いだった。

 そんな著者が69年、2浪して吉祥寺の大学に入学するや、学生運動に巻き込まれ、ヘルメットをかぶった美少女に恋をする…。ポップを愛するナンパな青年の目を通して描かれた60年代の空気はとても新鮮で、深刻ぶった類書を笑い飛ばす破壊力がある。(小学館・1650円+税)

産経新聞
2016年10月16日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加