『賢女の極意』林真理子著

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賢女の極意

『賢女の極意』

著者
林 真理子 [著]
出版社
文藝春秋
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784163905518
発売日
2016/10/28
価格
680円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『賢女の極意』林真理子著

[レビュアー] 産経新聞社

 著者が「週刊文春」にエッセーの連載を始めてから32年がたつという。本書はその中から女性に生き方を考えさせる126の言葉を抜粋したものだ。

 《所詮カスとの恋はカスな思いでしか残らない》《白人とキスするのがそんなにエライか》《野心を持つということは本当に苦しくつらい長い戦いだ》《「自己投資」という言葉には、実に傲慢な響きがありはしないだろうか》

 いずれも相当な毒を含んでいるが、自分の書いた文章は、すべて自分で責任を取るというプロの矜持(きょうじ)に支えられた言葉には、すがすがしささえ感じる。(文芸春秋・630円+税)

産経新聞
2016年10月23日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加