ブッダと法然 平岡 聡 著  

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブッダと法然

『ブッダと法然』

著者
平岡 聡 [著]
出版社
新潮社
ジャンル
哲学・宗教・心理学/仏教
ISBN
9784106106842
発売日
2016/09/16
価格
821円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

ブッダと法然 平岡 聡 著  

[レビュアー] 立川武蔵

◆覚りと救いの視点で対比

 家の宗旨が真宗であり、浄土宗立の中学・高校に通ったこともあって、私には子供の頃、阿弥陀仏のおぼろげなイメージがあった。後にはブッダと阿弥陀がかなり異なった存在であることを知った。なぜこれほど違うのか。これは今日に至るまで私の疑問だ。

 この疑問を抱えながら、本書を読んだ。ブッダと法然の生涯と思想を対比させながら、二人が従来の価値観を覆らせて「パラダイムシフト」を行ったと述べている。

 ブッダは仏教の開祖、法然は仏教僧だが、両者の覚(さと)りや救いに至る道は異なる。この違いを、著者は大乗仏教のタイプの違いと考える。「大乗仏教にもさまざまなタイプがあるが、<覚り型>と<救い型>に大別することができる」と述べ、ブッダは自ら覚りを開いて苦から解脱し(自利)、法を説いて他者を解脱させた(利他)という。

 著者はこの事実を、「覚りを開いたブッダの立場から見るのか、あるいはブッダによって解脱させられた人間の立場から見るのか」というように立場(視座)の違いによるとする。前者は自ら修行し解脱する自力修行型に属し、後者は仏による救済にあずかる他力信仰型に属するという。

 だが、修行型と他力信仰型の違いは立場の違いによるのであろうか。ブッダの側から見ても救済型があり、仏に救われた人間の側から見た修行型もある。また救済型にあっても、衆生から仏へ、仏から衆生へという二方向が考えられる。救済型信仰は初期大乗までなかった。また、紀元前後までヒンズー教にもなかった。当時、仏教に新しい信仰形態が外部(西アジア)から加わったと思われる。阿弥陀信仰は仏教がなしえた世界的規模の総合なのだ。

 自力型と救済型の違いは大きな問題であり、今後も仏教徒の研究課題となろう。本書はこの難問に大きなスケールで取りくんでおり、日本仏教のパラダイムシフトに資するものと信ずる。
(新潮新書・821円)

 <ひらおか・さとし> 1960年生まれ。京都文教大学長。著書『大乗経典の誕生』。

◆もう1冊 

 立川武蔵著『ブッダをたずねて』(集英社新書)。ブッダの生涯と初期仏教から大乗仏教、密教まで、仏教の歴史と展開を平易に解説。

中日新聞 東京新聞
2016年10月23日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

中日新聞 東京新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加