明文堂書店石川松任店「青年の日常を瓜二つの顔をした男が掻き乱していく」【書店員レビュー】

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

永遠の1/2

『永遠の1/2』

著者
佐藤 正午 [著]
出版社
小学館
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784094063295
発売日
2016/10/06
価格
864円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

明文堂書店石川松任店「青年の日常を瓜二つの顔をした男が掻き乱していく」【書店員レビュー】

[レビュアー] 明文堂書店石川松任店(書店員)

《失業したとたんにツキがまわってきた。》女性関係も競輪も、失業とともにうまく行き始めていた。そんな風に考えていた《ぼく》はその頃から突然、頻繁に人違いに遭うようになり、自分と同じ顔の男が周囲にいることを知る。そしてその人違いが原因で、彼の日常は慌ただしいものになっていく。
ギャンブルと野球が大好きな青年《田村宏》が主人公である。この男、お世辞にも誠実とは言えないし、身勝手な行動や言動も多く、正直に言うと(個人的には)腹立たしくなることもあるのだが、何故か嫌いになれないところがある。強がりや虚勢のようなものが感じられて、憎めないのである。そんな青年の日常を瓜二つの顔をした男が掻き乱していくストーリーは軽快だが、不穏さも持ち合わせている。謎が紐解かれていくことにより、瓜二つの男の人生が立ち上がる展開はとても愉しく、そしてほんのりと切ない。余韻が長く残る作品です(そしてさらにあとがきまで面白い)。
ちなみに本書のミステリ部分が愉しかったという人には、著者には『身の上話』というミステリの傑作もあるので、そちらも是非、おすすめです。 

トーハン e-hon
2016年10月21日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

トーハン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加