『新 怖い絵』 中野京子著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新 怖い絵

『新 怖い絵』

著者
中野 京子 [著]
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784041046425
発売日
2016/07/28
価格
1,944円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『新 怖い絵』 中野京子著

[レビュアー] 宮部みゆき(作家)

ミレーの「落穂拾い」がなぜ怖いのか?

 『怖い絵』シリーズ待望の続刊である。全二十点、一目でわかる怖さから、著者の解釈や作品の背景を知ることでじわじわ染みてくる怖さまで、まさしく闇の展覧会だ。

 西洋絵画の名作によるこの贅沢(ぜいたく)なアンソロジーは、世界史や美術史、神話や伝承を面白く学ばせてくれる教養書である。人間の愚かさと残酷さを陳列した見本棚でもある。ページをめくれば、創作に人生を擲(なげう)った多くの画家たちの栄光と悲惨、歓喜と絶望が交錯する。時代も国も異にする画家たちの多彩な作品が集まれば、そこには世界を映す万華鏡が立ち現れる。

 ところで本書には、シリーズ全体のなかでも異色の一品がセレクトされている。「作品11」。この絵の作者は画家ではない。平凡な市井の人でもない。その正体は希代の連続殺人者だ。何が描かれたどんな絵なのか、心してご鑑賞ください。

 KADOKAWA 1800円

読売新聞
2016年10月30日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加