ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)「経営者達の『あの言葉に救われた』エッセイ集」【書店員レビュー】

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)「経営者達の『あの言葉に救われた』エッセイ集」【書店員レビュー】

[レビュアー] ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)(書店員)

今、このレビューを書いている私は雇われの身。経営者ではない。ゆえに「経営者」の心情やら気持ちを想像する事はできても、その本当の心の内を理解する事はできない。一国一城の主として組織を経営し続けていく事は並大抵の事ではない、はず。…という前置きを踏まえて本書のレビュー。100名の経営者によるエッセイ。その内容は、人生のある場面での「あの時、あの言葉」。あんな言葉が心に響いた、あの人の言葉で救われた…といった経験が綴られています。100人の経営者が拠り所としてきた「あの時の、あの言葉」とは。

最後に経営者ではない、いち書店員の私が本書を読んで心に響いた言葉、以下に紹介させていただきます。 「これからの人生、いろいろな人に支えられて生きていくのです。ひとさまのお役に立てる機会があるのならお役に立たせていただきなさい」…ある経営者が母からかけてもらった言葉だそうです。ひとさまのお役に立っているか…何かの決断をする時、自らに問いかけたいです。

トーハン e-hon
2016年11月13日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

トーハン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加