「生きぬく智恵を『論語』の名言から学ぶ」高畑常信著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生きぬく智恵を『論語』の名言から学ぶ

『生きぬく智恵を『論語』の名言から学ぶ』

著者
高畑 常信 [著]
出版社
木耳社
ISBN
9784839311971
発売日
2016/05/30
価格
1,620円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

「生きぬく智恵を『論語』の名言から学ぶ」高畑常信著

[レビュアー] 産経新聞社

 「論語に孔子の本音がすべて語られているわけではない」と言い切る本は初めてだろう。筆者は、論語を「人生を楽しく生きるための処世訓」とし、孔子の本音を読み取らなければならないという。

 たとえば子路篇の「父は子の為に隠し、子は父の為に隠す」という言葉。悪事もお互いかばうのが親子で、一家の平和にはそれが良い。激動の世を生きるには杓子(しゃくし)定規な正義でなく、頼れる人を大切に、周囲をよく見て決断する智恵(ちえ)を身に付けろ、というわけだ。

 人間性豊かな孔子の姿が分かりやすく語られ、論語の名言が新たな輝きをもって心に入ってくる。(木耳社・1500円+税)

産経新聞
2016年11月20日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加