『はじめての短歌』穂村弘著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめての短歌

『はじめての短歌』

著者
穂村 弘 [著]
出版社
河出書房新社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784309414829
発売日
2016/10/06
価格
562円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『はじめての短歌』穂村弘著

[レビュアー] 産経新聞社

 効率を重視するビジネスマンを対象にした短歌講座の講義録である。著者は受講者に、効率的でないことに別の大きな価値のあることを、短歌を添削して改悪するという方法で伝える。こんな具合。

 《空き巣でも入ったのかと思うほど私の部屋はそういう状態》→《空き巣でも入ったのかと思うほど私の部屋は散らかっている》

 ビジネスの世界では《そういう状態》という曖昧な表現は許されないが、短歌としてみれば、前者が圧倒的にすぐれている。食べていくための言葉も大切だが、人生を豊かにするには、生きるための言葉こそ必要だと著者は訴える。(河出文庫・520円+税)

産経新聞
2016年11月27日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加