石田衣良「新潮読書クラブ〈第五回 谷崎潤一郎『痴人の愛』〉」

イベント

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新潮読書クラブ】は、新潮社のオフィシャル読書会です。毎回バラエティ豊かな「本読み」のゲストと、新潮社の棚が誇る名作や話題作を、一緒に読んでみませんか?

第五回の課題図書は、谷崎潤一郎の『痴人の愛』(新潮文庫)です。谷崎文学の中で、最も有名な悪女「ナオミ」。エリート・サラリーマンだった譲治は、妻として引き取った十四歳も年下のナオミを教育しようと試みるも、次第に自分自身が翻弄されていきます。マゾヒスティックな快楽に溺れていく男と、妖艶さを増しながら調教に目覚めていく女。破滅さえも厭わないほど美しいものに執着し続けた、谷崎の真骨頂です。

今回の “一緒に読む人”は、自らも愛と性を作品にしてきた作家の石田衣良さん。第二回の『眠れる美女』の読書会では、石田さんのユーモア溢れる鋭いトークに、会場は大盛り上がりでした。今回は草食系男子やM男を先取りしたとも言える『痴人の愛』から、普遍的な男女の“愛欲地獄”をイラ流に堪能していきたいと思います。

かつてこの本に魅せられた方、この読書会をきっかけに初めてページをめくる方、どんな方でもお気軽にご参加ください。新潮読書クラブでは、新しい出会いをご用意してお待ちしております。

━━━━━━
日時:2016/02/12(金) 19:00 – 20:30
会場:ラカグ2F soko
▼チケット販売はこちら▼
http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01ckgmxynued.html

〈新潮読書クラブ〉とは

現代文学の珠玉の名作や話題の海外文学、なかなか読む機会のなかった古典まで――。毎回バラエティ豊かな新潮社の棚の中から課題図書を選び、その本の愛読者であるゲストをお呼びして、公開読書会を開催いたします。もちろん、参加者の皆様に、感想や読後感、そして偏愛(?)をシェアしていただく時間もございます。

*新潮読書クラブの前半は登壇者による公開読書会、後半は参加者のみなさまとも意見を交換し合いながら、本の世界を味わっていきます。

*課題図書を読んできていただくと、より楽しんでいただけるイベントです。

*新潮読書クラブは、sokoにて定期的に開催していく予定です。参加者だけがもらえる会員カードにスタンプを集めると、素敵なプレゼントも……!

2016年1月27日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加