【手帖】日本の制服がわかる“図鑑”

リリース

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 70職種の制服を約180点のイラストで網羅した『日本の制服150年』(青幻舎・2300円+税)が刊行された。著者はイラストレーターの渡辺直樹さん。明治期からの軍服の変遷、警察、消防など公務員の制服もあれば、キャビンアテンダントに民間企業の女性職員、コンビニ店員のユニホーム…と幅広い。日本人はつくづく制服が好きだと痛感する。所属意識や規律、連帯感を重視する社会を反映しているのか、それともコスプレみたいに役柄を演じるのに好都合だからか。制服史から日本人の特性が浮かび上がってくる。

産経新聞
2016年4月17日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

産経新聞社「産経新聞」のご案内

産経ニュースは産経デジタルが運営する産経新聞のニュースサイトです。事件、政治、経済、国際、スポーツ、エンタメなどの最新ニュースをお届けします。