中江有里がオススメした4冊が続々ベストセラー1位に 「サン・ジョルディの日」に贈る本特集

テレビ・ラジオで取り上げられた本

8
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月22日放送のNHK総合「あさイチ」に女優で作家・書評家としても知られる中江有里さん(42)が出演し、4月23日の「サン・ジョルディの日」にあわせ「プレゼントしたい本」を4冊紹介した。

メガロポリス―空から宇宙人がやってきた!』クレア・デュドネ[著](NHK出版)
ワンダー Wonder』R・J・パラシオ[著](ほるぷ出版)
プログレッシブ中学英和・和英辞典 Charming Edition』吉田研作[主幹](小学館)
漱石人生論集』夏目漱石[著](講談社)

■3.7メートルの絵本

『メガロポリス―空から宇宙人がやってきた! 』はフランス発の絵本。大都市メガロポリスが絵巻物のように一枚の長い紙に描かれ、縦に広げるとなんと3.7メートル。イタリアのブックフェアで話題になり、世界十カ国で出版されている。絵の所々に宇宙人が登場し、お話の展開とともに大都市の上空から地下までが描かれる。中江さんは「ちょっと読むのが大変だけど、広げて順番にめくっていくのも楽しい」と薦めた。

■世界中で感動を呼ぶ児童書

『ワンダー Wonder』はいじめ、差別がテーマの児童書。世界各国で出版され500万部を売り上げている。中江さんは「これを読むと普通ってなんだろうと考えさせられる」と紹介した。主人公は顔に障害のある少年。少年の周りの6人の登場人物の一人語りで物語は進んでゆく。両親や姉、友人が少年と接し何を考え、どんな気持ちを抱いているのかが語られる。分厚い感じがするが非常に読みやすいと紹介された。

1『ワンダー Wonder』R・J・パラシオ[著](ほるぷ出版)、『プログレッシブ中学英和・和英辞典 Charming Edition』吉田研作

■チャーミングな辞書

『プログレッシブ中学英和・和英辞典 Charming Edition』は辞書のイメージを一新したまさにチャーミングな辞書。中江さんは「辞書というと、最近は電子辞書をお使いの方が多いと思うんですけれども紙でぜひ読んでもらいたいと思います」と紹介。可愛いイラストがふんだんに使用されており、身の回りのものや出来事が英語でどう表現するのかよくわかるという。また大人向けの『プログレッシブ 大人のための英語学習辞典』吉田研作[編者](小学館)も海外の人との会話に役立つページが豊富で、2冊ともに辞書としては異例の人気で、発売直後にもかかわらず重版されたと紹介された。

■漱石の深いことば

『漱石人生論集』は漱石の随筆、講演、書簡の中から印象的な文章を集めた1冊。漱石没後100年にあたり注目を集めている。中江さんは漱石が教員時代に学生に向けて書いた「愚見数則」という文章を読み上げ紹介した。人を見るときは中身を見よと説く漱石の言葉に、中江さんは「ネット社会の中でいろいろなことばが飛び交っているけれども、そういうことに自分が揺り動かされないということに警鐘を鳴らすというか、非常に漱石のことばは深いなと、これを読んで改めて感じた」と語った。番組司会の有働由美子さん(47)も「自分に1冊とあげる1冊、それで話をしたくなりますね」と感想を述べた。

■サン・ジョルディの日

「サン・ジョルディの日」はスペインのカタルーニャ地方が発祥の「本を送る記念日」。ドラゴン退治の伝承を持つ聖人ゲオルギオス(サン・ジョルディ)を記念した祝日で、男性が女性にバラを贈り、女性が男性に本を贈るとされている。スペインではこの日に合わせ文学や読書に関連する行事が盛んに行われている。日本でも1980年代から書店業界や花業界の主導で広まった。中江さんの薦めた4冊はネット書店のそれぞれのジャンルで売り上げ1位に躍進し、軒並み在庫切れになるほどの売れ行きをみせている。

「あさイチ」はNHK総合で月曜から金曜朝8時15分から放送中。

Book Bang編集部
2016年4月26日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加