後悔のない最後を迎えるには――25万部突破のロングセラーが3位に返り咲き!【新書・ベストセラー】

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月22日~28日の新書売り上げランキング第1位はキリンビール元営業本部長が営業の極意を明かした『キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え! 』だった。第2位は百田尚樹氏がメンタルコントロール術を説いた『鋼のメンタル』。第3位にランクインしたのはNHKスペシャルでも話題のホスピス医の最新刊『今日が人生最後の日だと思って生きなさい』。こちらは1月の発売から25万部を突破したとの報が入っている。

1位『キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え!』田村潤[著](講談社)

アサヒスーパードライから、ビール王者の座を奪回せよ――地方のダメ支店発、キリンビールの「常識はずれの大改革」が始まった! 筆者はキリンビール元営業本部長。「売る」ことを真摯に考え続けた男が実践した逆転の営業テクニックとは? 地方のダメ支店の逆転劇から学ぶ、営業の極意、現状を打破する突破口の見つけ方!  大切なのは「現場力」と「理念」。必死に現状打破を求め続ける、すべての営業マンに送る本! (講談社ウェブサイトより抜粋)

 Book Bangでは産経新聞社による書評が掲載されている。

著者はキリンビールの副社長を務めた人物。1995年、キリンの代表的苦戦エリアである高知県の支店長となった著者は、「常識はずれの大改革」を敢行してアサヒビールからエリアトップの座を奪い返した。成功の原点は「ブランドはメーカーのものではなくお客さまのもの」という気付きだ。…
https://www.bookbang.jp/review/article/512508

2位『鋼のメンタル』百田尚樹[著](新潮社)
 他人の目が気になってしかたがない、悪口に落ち込む、すぐにクヨクヨする、後悔を引きずる、人前であがってしまう……そんな悩みを抱える人は多いでしょう。でも大丈夫。考え方ひとつで、誰でも「精神の強さ」は鍛えられるのです。マスコミ、ネットで激しいバッシングを受けても、へこたれず我が道を行く「鋼のメンタル」は、どのように形成されたのか。著者初の人生論にして、即効性抜群の実践的メンタルコントロール術!(新潮社ウェブサイトより抜粋)

3位『今日が人生最後の日だと思って生きなさい』小澤竹俊[著](アスコム)

 2800人を看取ってきたホスピス医が教える、人生にとって大切なこととは――。「もし、今日が人生最後の日だとしたら。あなたはどう生きたいですか?」後悔のない人生を過ごしてきたと胸を張れる人は、多くいません。どんな人生を過ごしてきても、死の絶望を目の前にすると、人は恐れ、悲しみ、後悔をします。「人はどう生きればいいのか」「どういう死が満足できるものなのか」2800人の看取りを通して、学んだ「後悔のない最後を迎える」ための生き方を教えます。(アスコムウェブサイトより抜粋)

 Book Bangでは産経新聞社による書評が掲載されている。

著者は2800人以上の最期を看取(みと)ってきたホスピス医。「死」を目の前にした患者のそばに寄り添い、共に苦しみを味わうことで分かったことがあったという。…
https://www.bookbang.jp/review/article/507405

 4位以下は次の通り。

4位『国のために死ねるか 自衛隊「特殊部隊」創設者の思想と行動 』伊藤祐靖[著](文藝春秋)

5位『言ってはいけない 残酷すぎる真実 』橘玲[著](新潮社)

6位『捨てられる銀行』橋本卓典[著](講談社)

7位『税務署が咎めない「究極の節税」』辻正夫[著](幻冬舎)

8位『脳が壊れた』鈴木大介[著](新潮社)

9位『新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ』TEX加藤[著](朝日新聞出版)

10位『日本会議の正体』青木理[著](平凡社)
〈Amazon新書売り上げランキングより 集計期間8月22日~8月28日〉

BookBang編集部

Book Bang編集部
2016年9月1日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ニュース