「フランス語で一曲歌えるようになる」講座~「ボンジュール」しか知らなくても大丈夫! 第2回~

イベント

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フランス語でおもいっきり歌い、普段とは違う夜を過ごしてみませんか? 

エディット・ピアフの映画などで今また注目されているフランスの歌、シャンソン。『オー・シャンゼリゼ』や『バラ色の人生』など、サビのフレーズは口ずさめるけど、フランス語だから歌えない……。そんなあなたに、早稲田大や慶応大で大人気の名物講師が、楽しく丁寧にレクチャーします。「ボンジュール」「ジュテーム」ぐらいしか知らなくても、60分できちんと1曲歌えるようになります!

11月15日に開催された第1回講座では、『オー・シャンゼリゼ』を歌いました。先生にフランス語の発音のコツを教わりながら、皆さん気持ちよく歌われ、大盛況のうち終了いたしました。第2回は、エディット・ピアフの『愛の讃歌』にチャレンジします。

フランス語学習経験がない方も、第1回目に参加されていない方も、じゅうぶんお楽しみいただけます。

第2回 エディット・ピアフにチャレンジ!

2017年1月17日(火)20:00〜21:00 取り上げる曲『愛の讃歌』

おそらく世界で最も有名なシャンソン歌手、エディット・ピアフ。波乱に満ちた彼女の人生を辿りつつ、美輪明宏など日本人も多くカバーしている代表曲『愛の讃歌』に挑みましょう。一曲通してフランス語で歌えるという貴重な機会をお見逃しなく。

第1回 「オー・シャンゼリゼ」ってどんな歌?(終了)

11月15日(火)20:00〜21:00 取り上げる曲『オー・シャンゼリゼ』

■日時:2017年1月17(火) 20:00~21:00
■会場:la kagu(ラカグ)2F レクチャースペースsoko
■参加方法:http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/012ab2yiyfgm.html

中島万紀子(なかじま・まきこ)
神奈川県鎌倉市生まれ。早稲田大学大学院博士課程満期退学。リヨン第二大学DEA課程修了。現在、早稲田大学文学学術院、慶應義塾大学理工学部などでフランス語講師を務める。著書に『大学1・2年生のためのすぐわかるフランス語』、訳書に『サリー・マーラ全集』(レーモン・クノー著)など。大学での授業は大人気で、特に初心者への指導には定評がある。また、定期的にコンサートを開催するなど歌の活動も積極的に行っており、シャンソンのほかルネサンス時代のフランスの古歌やバッハやフラメンコの歌まで幅広く愛唱している。

2016年12月21日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加