最新作『蜜蜂と遠雷』が直木賞候補に決定。恩田陸さんへの質問大募集!

ニュース

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

恩田陸さんが、あなたの質問に答えます

 瀧井朝世さんが読者からの質問を交えて作家にインタビューしていく連載「作家と90分」。次回のゲストが恩田陸さんに決定しました。

 恩田さんは1991年、日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となった『六番目の小夜子』で小説家デビュー。ホラー、SF、ミステリーなど多彩なジャンルで活躍、2004年、『夜のピクニック』で吉川英治文学新人賞、2005年には同作で本屋大賞を受賞されました。

 その後も数々の話題作を発表、2006年、『ユージニア』で日本推理作家協会賞、2007年には『中庭の出来事』で山本周五郎賞を受賞されました。

 昨年秋に刊行された新作『蜜蜂と遠雷』が第156回直木賞候補作となり、今ますます注目を集めている恩田さんにお聞きになりたいことはありませんか。皆様からお寄せいただいた質問を交えつつ、たっぷり90分インタビューします。恩田さんに聞いて欲しいことを200字以内にまとめて教えてください。

 質問をお寄せくださった方のなかから3名に、本の話WEB特製図書カードをプレゼントします。

■応募期間:2017年1月7日(土)~1月16日(月)まで
■賞品:「本の話」オリジナル図書カード(1000円分)
■当選人数:3名様
■応募方法:http://hon.bunshun.jp/articles/-/5509

文藝春秋 本の話WEB
2017年1月7日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

文藝春秋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社文藝春秋「本の話WEB」のご案内

文藝春秋が運営する、書籍と作家情報を紹介するサイトです。毎回話題の新刊を数多く取り上げ、インタビューや対談などで多角的に著者や作品のテーマに肉迫します。
他にも多彩な筆者による連載も掲載しています。