小林秀雄と人生を読む夕べ【その5】歴史と文学(第5回/全6回)「年齢」

イベント

5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本の近代批評の創始者・確立者として大きな足跡を残した小林秀雄は、深い思索と歯切れのよい文章で“人生の教師”としても仰がれ慕われました。その小林秀雄の主要な作品を順次取り上げ、小林秀雄とともに人生を味わっていく集いです。

 ご案内は、編集担当者として小林秀雄にじかに接していた新潮社の元編集者、池田雅延です。前半50分は各回の対象作品について池田がお話しします。後半40分は出席者全員での茶話会とし、毎回la kaguカフェがご用意するお茶とお菓子をお楽しみいただきます。池田が質問にお答えしたりしながら、座談の名手でもあった小林秀雄をより身近に感じるひとときを過ごします。

「小林秀雄と人生を読む夕べ」の第5シリーズ<歴史と文学>の第5回は「年齢」(新潮社刊「小林秀雄全作品」第18集所収)を取り上げます。この作品は、昭和25年(1950)、48歳の年に発表されましたが、後に63歳で始める「本居宣長」の源流の重要な一本、それがこの「年齢」です。

 神代の時代、文字はなく、人々は感じることも思うことも話し言葉で伝えあっていた、そういう暮しのなかから生まれたのが「古事記」の神話や伝説であるが、これらはいつからともなく人々に共有されていた人生観が物語となったもので、この原初の人生観をすなおに聞き取らないと日本の歴史はわからないと本居宣長は言い、小林秀雄はこれに共感して、書かれた歴史より話された歴史にこそ大事があるということを力説していきます。この、書き言葉と並べて話し言葉を重く視る小林秀雄の言語観は、「年齢」で初めて言明されたのです。

 ぜひお集まりください。

■日時:2017年2月16(木) 18:50~20:30
■会場:la kagu(ラカグ)2F レクチャースペースsoko
■参加方法:http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01byttyp3qc8.html

*日程と味読作品 作品名末尾の( )内は新潮社刊「小林秀雄全作品」の所収巻
2016年10月20日 満洲の印象(11)<終了>
2016年11月17日 事変の新しさ(13)<終了>
2016年12月15日 歴史と文学(13)<終了> 
2017年 1月19日 私の人生観(17)<終了>
2017年 2月16日 年齢(18)
2017年 3月16日 対談・歴史について(28)

☆いずれも各月第3木曜日、時間は午後6時50分~8時30分を予定していますが、やむを得ぬ事情で変更する可能性があることをご了承ください。

小林秀雄(こばやし・ひでお)
明治35年(1902)4月、東京に生れる。昭和4年(1929)27歳の夏、「様々なる意匠」によって文壇にデビュー、以来ほぼ半世紀、日本の近代批評の創始者、確立者として歩み続けた。昭和42年11月、文化勲章受章。昭和58年3月死去、80歳。

池田雅延(いけだ・まさのぶ)
昭和45年(1970)、新潮社に入り、「本居宣長」をはじめとする書籍の編集を通じて小林秀雄の肉声を聞き続けた。小林亡き後も第5次、第6次「小林秀雄全集」を編集、第6次全集では本文を新字体・新かなづかいで組み、全作品に脚注を施すなどの新機軸を打ち出した。

2017年1月25日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加