ヤマザキマリ×とり・みき「世界は『プリニウス』をどう読んだか」 『プリニウス』第5巻刊行記念&アングレーム国際マンガ祭帰朝報告

イベント

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年2月9日に、最新巻となる『プリニウス』第5巻が刊行されます。すでに昨年から今年にかけて、台湾・香港版(繁体字中国語版)、スペイン語版、韓国語版、フランス語版が続々と刊行、古代ローマの博物学者を日本人マンガ家が描いたこの作品が、世界中で注目を集めています。

 さらに今年1月には、「マンガ界のカンヌ」の呼び声も高い、ヨーロッパ最大級のマンガ・イベントである「アングレーム国際マンガ祭」に、作者のヤマザキマリ&とり・みきが公式招待。同祭のゲストとして、プリニウスという史上最も有名な博物学者、古代ローマという時代、マンガ家同士の合作についてなどを、現地のファンやメディアを相手にレクチャーしました。はたして世界は『プリニウス』をどう読んだのか――。「帰朝報告」と称し、当地の様子や反応を思う存分に語ります。

*トーク終了後、会場にて「プリニウス」1巻~5巻をご購入の方に対し、ヤマザキマリさん、とり・みきさんのサイン会を行います。(時間の都合上、サインはお一人様1冊までとさせていただきます。また、サインは署名のみとなります。ご了承くださいませ)

■日時:2017年2月27(月) 19:00~20:30
■会場:la kagu(ラカグ)2F レクチャースペースsoko
■参加方法:http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01m8fuym3hy1.html

ヤマザキマリ
マンガ家。1967年生まれ。84年に渡伊、フィレンツェの国立アカデミア美術学院に入学。美術史・油絵を専攻。97年にマンガ家としてデビュー。2010年、『テルマエ・ロマエ』で第3回マンガ大賞受賞、第14回手塚治虫文化賞短編賞受賞。著書に『モーレツ!イタリア家族』『ルミとマヤとその周辺』『スティーブ・ジョブズ』など。文筆作品では『男性論』『国境のない生き方』『とらわれない生き方』などがある。

とり・みき
マンガ家。1958年熊本県生まれ。79年にマンガ家としてデビュー。以後ギャグマンガをメインにしながら、エッセイコミックやシリアスなSF・ホラー物も手がける。95年『遠くへいきたい』で文藝春秋漫画賞を受賞。著書に『DAI-HONYA』『石神伝説』『冷食捜査官』『メカ豆腐の復讐』など。マンガ以外に『とり・みきの映画吹替王』『街角のオジギビト』などの研究書も。劇場版アニメ『WXIII機動警察パトレイバー』では脚本も担当。

2017年2月15日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加