小泉悠(聞き手:堤伸輔)「ロシアが、分かる ~内在的論理から読み解く“大国”~」

イベント

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 北方領土を巡り、日本とロシアの接近が話題になっています。しかしその一方で、ロシアは北方領土における軍事力を強化するなど、厳しい情勢も続いています。また、世界に目を転じると、ロシアは2014年にはウクライナ、続く2015年にはシリアへ軍事介入を開始するなど、何かと注目を集めています。

 日本から見ると、こうしたロシアの振る舞いには、なかなか理解しがたいところがあります。
 
 ロシアは現在の世界を、そして自国をどのように見ているのか。彼らにとっての国益とは、不満とは、脅威とは何であるのか。彼らは“望ましい世界の姿”をどのように考えているのか。そして、今後どのような戦略で臨もうとしているのか……ロシアに存在する内在的論理を紐解きながら、「分かりにくい国」ロシアを、そしてプーチン大統領を読み解いていきたいと思います。
 
 講師は、新進気鋭のロシア研究者として注目されている小泉悠さん。専門である軍事や安全保障の面からロシアを分析するとともに、外務省フェローとしてモスクワで暮らした経験を通じ、ロシア国の社会や国民性にも触れていただきます。

 そして聞き手は、国際情報雑誌「フォーサイト」の元編集長で報道番組のコメンテーターも務める堤伸輔さん。お二人と共に、ロシアについての理解を深めていただける一夜です。

※ロシアについての質問を募集します。お申し込み時にご記入ください。なお、時間の都合上、全ての質問にお答えできないことを予めご了承ください。
※ご購入いただいたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。ご了承ください。
※開場は開演の30分前です。

■日時:2017年4月18日(火) 19:00~20:30
■会場:la kagu(ラカグ)2F レクチャースペースsoko
■参加方法:https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01iua3yrrfy1.html

小泉悠(こいずみ・ゆう)
1982年千葉県生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科修了。民間企業勤務を経て、外務省専門分析員、ロシア科学アカデミー世界経済国際関係研究所客員研究員として2009年~2011年ロシアに滞在。現在は公益財団法人未来工学研究所で客員研究員を務める。専門はロシアの軍事・安全保障。主著に『軍事大国ロシア 新たな世界戦略と行動原理』『プーチンの国家戦略 岐路に立つ「強国」ロシア』。ロシア専門家としてメディア出演多数。

堤伸輔(つつみ・しんすけ)
1956年熊本県生まれ。東京大学文学部を卒業し新潮社に入社。「週刊新潮」を経て国際情報雑誌「フォーサイト」に。国際問題の取材・執筆にあたる。2004年から2009年まで同誌編集長。また、塩野七生著『ローマ人の物語』『ルネサンス著作集』や『ドナルド・キーン著作集』(全15巻予定)などの書籍編集を担当。報道番組のコメンテーターも務める。

2017年3月17日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加