もし中国が尖閣と先島諸島に武力進攻してきたら かわぐちかいじの漫画が話題【コミックスベストセラー】

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月7日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、コミックス第1位は『ハイキュー!!(25)』が獲得した。
 第2位は『君に届け(28)』。第3位は『ワールドトリガー(18)』となった。

 4位以下で注目は6位にランクインした『空母いぶき(6)』。ほぼ現代を舞台とし、尖閣と先島諸島に中国が武力進攻を仕掛けてきたらという「if」を設定し、それに対応する最新鋭空母「いぶき」の活躍を描いた軍事エンターテインメントだ。かわぐちさんのこれまでの作品『沈黙の艦隊』や『ジパング』よりもリアリティがあると話題。6巻では占領された島でついに地上戦が行われる。目下緊張感の高まるアジア情勢では何が起こってもおかしくはなく、エンターテインメントとして楽しみながらも平和と戦争について考えさせられる作品となっている。

1位『ハイキュー!!(25)』古舘春一[著](集英社)

宮城県1年生選抜強化合宿で、練習に入れなくとも貪欲に学ぼうとする日向!! 一方、全日本ユース強化合宿に参加した影山は仲間との接し方に悩み始め!? 春高前総決算で挑む伊達工戦、大幅描き足しで収録…!!(集英社ウェブサイトより)

2位『君に届け(28)』椎名軽穂[著](集英社)

札幌の大学を受験することを決意した爽子。地元に残ることにした風早。将来に向けて歩き出すと同時に、高校生活もあとわずか。そして、あやねにも事件発生!?(集英社ウェブサイトより)

3位『ワールドトリガー(18)』葦原大介[著](集英社)

全部隊が転送されランク戦第6戦が開幕! 序盤、王子隊は修に狙いを絞る策に出る。対する玉狛第2の戦略とは…!? また生駒隊は生駒が破壊力抜群の旋空弧月を炸裂させて…。大乱戦の展開の中、生き残るのは!?(集英社ウェブサイトより)

4位『食戟のソーマ(23)』附田祐斗[原作]佐伯俊[作画]森崎友紀[協力](集英社)

5位『大奥(14)』よしながふみ[著](白泉社)

6位『空母いぶき(6)』かわぐちかいじ[著]惠谷治[協力](小学館)

7位『ONE PIECE(84)』尾田栄一郎[著](集英社)

8位『赤髪の白雪姫(17)』あきづき空太[著](白泉社)

9位『テラフォーマーズ(20)』橘賢一[画]貴家悠[原作](集英社)

10位『つばさとホタル(9)』春田なな[著](集英社)

〈コミックスランキング 3月7日トーハン調べ〉

BookBang編集部

Book Bang編集部
2017年3月11日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加