筒井康隆原作映画祭! ライムスター宇多丸・プレゼンツ「筒井康隆ナイト」

イベントレポート

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライムスター宇多丸
ライムスター宇多丸

〈神楽坂ブック倶楽部発足!イベント詳報〉「時をかける少女」だけじゃない! ヒップホップ界を代表するツツイストが、あの巨匠の原作映画の面白さに切り込みます。

 ***

 今回、「オールナイト番組の企画と上映作品セレクト」というお話を頂きまして、飯田橋ギンレイホールさんには学生時代からたいへんお世話になってきましたから、喜んで受けさせてもらったわけですけども、今夜の「筒井康隆ナイト」以外にも実はいくつか案を出したんです。

 女性アイドルの映画はたくさんあるし、上映の機会もあるので、「80年代男性アイドル映画ナイト」はどうか、とかね。大森一樹監督の「すかんぴんウォーク」(84年)に始まる吉川晃司三部作、「すかんぴんウォーク」が代表作っぽく評価されていますが、「ユー★ガッタ★チャンス」(85年)、「テイク・イット・イージー」(86年)とアクション映画化していく二作目、三作目を改めて観たいなと。

 さらに「CHECKERS in TAN TAN たぬき」(川島透監督 85年)とか、森田芳光監督作品で唯一ソフト化されていない「シブがき隊 ボーイズ&ガールズ」(82年)とか。これ、たった七十八分の映画なんですよ。なのでもう一本入れるなら、「ハイティーン・ブギ」(近藤真彦主演 舛田利雄監督 82年)あたり。

 もう一案はただの女性アイドル映画じゃなくて、「80年代オルタナ女性アイドル映画ナイト」。今夜やる「ウィークエンド・シャッフル」(82年)の中村幻児監督の「V.マドンナ大戦争」(宇沙美ゆかり主演 85年)、それに「ザ・オーディション」(セイントフォー主演 新城卓監督 84年)が並べばもう満足だろ、というね。あと一、二本選べば、「おニャン子・ザ・ムービー 危機イッパツ!」(おニャン子クラブ主演 原田眞人監督 86年)とか「クララ白書 少女隊PHOON」(少女隊主演 河崎義祐監督 85年)。作品としては微妙なのもあるけど(笑)、そういうオールナイトもいいかなあと。

 あとは「タモさん映画ナイト」も考えました。「キッドナップ・ブルース」(82年)って知ってます? 浅井慎平初監督作品。蓮實重彦がその年のワーストに挙げていましたけど(笑)。あとタモさんが出ていると言えば「下落合焼とりムービー」(所ジョージ主演 山本晋也監督 79年)もありますね。

 で、「神楽坂ブック倶楽部」のイベントということもあって、ギンレイホールさんに選ばれたのは「筒井康隆ナイト」でした。実は、佐賀のシアターシエマという映画館で、「ウィークエンド・シャッフル」、「俗物図鑑」(内藤誠監督 82年)、「ジャズ大名」(岡本喜八監督 86年)が交互にかかるプログラムをやって、僕はトークショーみたいな感じで呼ばれたことがあるんです。それのパクリ企画ですね(笑)。無論、シエマさんにはお断りしてご許可頂きました。「ジャズ大名」は激しいジャム・セッションがあって、朝になってみると新しい時代が来ていたというラストですから、これで終わるのもいいかなと思いましたが、さらにもう一本「パプリカ」(今敏監督 06年)もやって、夢の中に入ってもらおうと(笑)。

 この中では「俗物図鑑」が珍しいというか、ソフトもないし、どうすれば上映できるのかなと思っていたんですが、意外や意外というか、そりゃそうかというか、内藤監督がフィルムと権利を持っておられて、お借りすることができました。

新潮社 波
2017年4月号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社新潮社「波」のご案内

2015(平成27)年10月号で通巻550号を迎えました。読書情報誌としての重要な役割の情報発信はもちろんのことですが、「波」連載からは数々のベストセラーが誕生しています。これからも、ひとところにとどまらず、新しい試みで、読書界・文学界の最新の「波」を読者の方々にご紹介していきたいと思っています。