【手帖】『詩とファンタジー』35号発売

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 投稿とイラストレーションを掲載する『詩とファンタジー』35号(かまくら春秋社・1000円+税)が刊行された。

 今号の特集は「室生犀星と金沢」。詩人、室生犀星は明治22(1889)年、私生児として石川県金沢市に生まれた。生後間もなく寺に預けられ、高等小学校を中退して13歳で就職するなど不遇の少年時代を送った。職場の上司の指導で俳句の創作を始め、やがて詩や小説の世界へと進んでいった犀星の足跡を、ふるさと金沢との関わりの中でたどった。合わせて「ふるさとは遠きにありて思ふもの」で始まる代表作「小景異情」など5編を、情感あふれるイラストでクローズアップした。

 また、「詩とファンタジー賞 2015-2016年」の詩部門とイラストレーション部門の年間大賞1作品と優秀賞2作品が発表された。

 「インフォメーション」のページでは、産経新聞朝刊1面の「朝の詩」の昨年9月から今年2月までの月間賞が掲載されている。

産経新聞
2017年4月16日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

産経新聞社「産経新聞」のご案内

産経ニュースは産経デジタルが運営する産経新聞のニュースサイトです。事件、政治、経済、国際、スポーツ、エンタメなどの最新ニュースをお届けします。

関連ニュース