“準備”で9割が決まる!? 面接の極意とは――シミュレーションを甘く見る者は、本番で泣く

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


(photo by buri/fotolia)


「事前の準備」が、面接の通過につながる!

“面接に通る人と通らない人の差は、どれだけ「面接前の準備」をしてきたか。面接中にできることは限られています。本番までに、どれだけ準備をしてきたのかで、結果が異なってくるのです。”

これは、ヤングキャリアコンサルタントとして2000名以上の就活生を指導し、就活支援サイトやセミナーなど様々な角度から、学生の支援を行なっている田口久人氏の言葉です。

4月になり、新たに社会に巣立った人達が、さまざまな企業で働き始めています。その一方で、すでに2018年卒を対象とした会社説明会がスタートし、就活生は企業研究やエントリーシートの作成などに悪戦苦闘しています。さらに6月の面接解禁も近づき、「本番までに、何を準備しておけばいいの?」「何を質問されるのだろう。うまく答えられるだろうか」と、不安を感じている就活生も多いことでしょう。

そこで、面接対策本として多くの就活生から支持され、ロングセラーとなっている田口氏の著書、『受かる!面接力養成シート』より、就活指導のプロが明かす面接“準備”の極意をみてみます。

まず面接について知ろう

「面接」とは、企業が応募者のことを知るために行なわれます。つまり、応募者が自分の意見や考えを主張するのではなく、面接官が「この人と一緒に働きたいか」「会社の担い手としてふさわしいか」といったことを、判断する場といえます。

田口さんによると、面接で上手に答えるための大切な準備として、「原稿の準備」と「心の準備」の2点があるそうです。

1、原稿の準備

政治家がスピーチをする際に原稿を用意しているように、面接にも原稿を用意しておけば、話すことに集中できます。そのためには、自分自身について整理しておく“自己分析”が重要になります。その場の思いつきではなく、自身しか経験したことのない、相手の心に響く経験やエピソードを準備しておきましょう。

2、心の準備

就活は、社会に出て仕事をするために行うものです。そのため、面接には大学生としてではなく、「社会人としての心構え」をもって臨むのが大切です。

もし社会人としての自分をイメージできないようであれば、自分が実際に働き、会議に出席している場面を想像してみましょう。だらしない姿勢で、友だちに対してするような言葉づかいをしてはいないはずです。

また、人は自分と同じ雰囲気をもつ人間に好感をもつものです。そのため、面接の場で社会人と同じくらいの自覚をもって振る舞うことで、面接官の評価もよくなると田口氏は述べています。

日本実業出版社
2017年4月18日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

日本実業出版社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社日本実業出版社のご案内

ビジネス書、教養書、実用書を中心とした書籍を出版している日本実業出版社の公式サイト。新刊情報を中心に、読者のみなさまに役立つ本の情報をお届けします。また著者インタビューやイベントレポートなど、書籍にまつわるここだけの話を特集・記事にてお読みいただけます。