子どもを産むことは、義務でも務めでもない。産まない選択をした著者が一石を投じる『わたしが子どもをもたない理由(わけ)』

リリース

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆産みたくない人がいて、産みたい人がいて、それでいい。

 少し前に、女優の山口智子さんが「子どもをつくらない人生を選択した。夫婦2人の生活はほんとうに幸せで、一片の悔いもない」と発言したことがニュースになりましたが、女性にとっては、「子どもをつくる・つくらない」は、社会からの無言の圧力になっているのではないでしょうか。

「自分のために生きる」と言うと「身勝手」と感じられるのかもしれませんが、人生の道筋を決めるのも、責任をとるのも、結局は自分自身。

「子どものいない人生を、責任をもって生きていく」と決めたなら、あとは自分の選択した人生をまっとうするだけ。他人にどう言われても、どう思われても、気にする必要はありません。

 60万部を超すベストセラーとなった『家族という病』(幻冬舎)の著者・下重暁子氏は、子どもをもたない選択をしながら輝く人生を送ってきました。本書は、そんな著者が「子どものいない生きかた」についてまとめたもの。結婚しても・しなくても、子どもをもっても・もたなくても、選択と決断の多い女性の人生。どんな生き方であっても、悩みは尽きません。

 さまざまな悩みを抱える女性たちへ、前を向く力がもらえる1冊です。

自分のものさしで「淋しいでしょう」と言う人たち
自分のものさしで「淋しいでしょう」と言う人たち

◆著者からのメッセージ

「『家族という病』(幻冬舎)を出して以来、「家族」に関する書籍を続けざまに出版した。今度は、「子ども」である。私は子どもを作らない選択をした人間だから、そのことを書くしかない。きっかけとなったのは、ひとつの記事だった。

 ライフスタイル誌『FRaU』のロングインタビューで女優の山口智子さんが、「子どもを産まない選択をした」と話して話題になった。この記事をめぐってネット上で賛否両論、彼女の潔い生き方に拍手を送る人もいれば、結婚したら子どもを作るのが当たり前という常識派との間で、さまざまな意見が飛びかった。

 私はその現象を見て心底驚いた。
 そして何とも言えぬ違和感を抱いたのである。
 なぜそんなことが話題になるのか。今頃になって……。

 戦前・戦中の「生めよ、殖やせよ」と国が号令をかけた時代ならいざしらず、憲法に保障されているように、一人ひとりは個であり、自分が選んだ生き方に責任をもっていればいいわけで、そんなことは個人の選択に任されていると思いこんでいたからだ。

「勇気ある行動」だの、「それは彼女の生き方を理解して寄り添う人がいるから」だのと、とりあげて称賛するのも私にはよくわからない。他人がとやかく言うことではないからだ。

 産みたくない人がいて、産みたい人がいて、それでいいではないか。

 ごくごく自然の出来事なのに、こんな当たり前のことがネットで炎上するのは、「女は子どもを産むもの」という刷りこみがあるからではないか。子どもをもつ・もたないは個人が決めることで、国が指示するようなことではない。子どもについても、個人の選択に任されるべきで、その人自身の生き方と関わってくる。」(はじめにより・一部抜粋)

【目次】

第1章 子どもを産むことは無条件で良いことなのか?
第2章 子どもを持たない時代
第3章 家族という幻想が人を不幸にする
第4章 結婚してもしなくても。 子どもがいてもいなくても
終章 わたしが子どもをもたなかった理由

下重暁子
作家。 日本ペンクラブ副会長。 日本旅行作家協会会長。 早稲田大学教育学部国語国文科卒業。 NHKに入局。 アナウンサーとして活躍後フリーとなり、 民放キャスターを経たのち、 文筆活動に入る。 ジャンルはエッセイ、 評論、 ノンフィクション、 小説と多岐にわたる。 公益財団法人JKA(旧:日本自転車振興会)会長等を歴任。 著書に、 60万部を超すベストセラーとなった『家族という病』(幻冬舎)をはじめ、 『持たない暮らし』(KADOKAWA/中経出版)『母の恋文』(KADOKAWA)、 『「父」という異性』(青萠堂)、 『老いの戒め』『若者よ、 猛省しなさい』(集英社)などがある。

2017年5月28日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加