「読みやすい」「共感できる」と言われる文章を書くコツ――読み手の立場に立てばわかりやすく書ける

未分類

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


文章を書くことは好きですか? それとも苦手ですか? photo by 栄美 山本/fotolia


「文章を書くのが苦手」の原因は?

「言いたいことがよくわからない」

「もっとわかりやすい文章を書いて欲しい」

企画書などのビジネス文書や就活における自己PR文など、自分が書いた文章を読んだ人から、こんな風に言われたことはありませんか?

あるいは、手紙などプライベートなものも含めて、文章を書くときになかなか思い通りにいかずに、「自分には文才がない」「語彙が足りない」とあきらめていませんか?

自分の考えを上手く表現できずに、結果として「わかりにくい」「伝わらない」文章を書いてしまう原因はどこにあるのでしょうか。

ロングセラー『文章力の基本』の著書もあり、長年に渡って数多くの社会人や学生に文章指導をしてきた阿部紘久さんによると、文章を書くのが苦手な人は文才や語彙が足りないのではなく、

「誰でも知っているやさしい言葉を適切に組み合わせることができない」

のだそうです。加えて次のようにも指摘しています。

無駄なことをたくさん書いてしまったり、考えていることと違うことを書いてしまったり、頭の中にあった大事なことをうっかり書き忘れてしまうことも珍しくありません。
(『文章力を伸ばす』「はじめに」より)

阿部さんの新著、『文章力を伸ばす』には、

「読み手の側にまわってみる」
「文の基本形を確かめる」
「言葉を削れば、より多く伝わる」
「難しい言葉で飾らない」
「基本的な言葉を正しく使う」

など、明快で伝わりやすい文章を書くための81のポイントが、文例とともに提示されています。ここではその第4章「読むそばからスラスラ分かるように書く」と、第9章「共感が得られるように書く」の中から、一部を紹介しましょう。

読み手の頭に入りやすい文章とは

読み手にとって、頭に入りやすい文章とそうでない文章の違いはどこにあるのでしょうか。

読み手は、基本的に何の知識もないまま文章を読み始めます。一方で書き手は、自分が分かっていることをつい自明のこととして書いてしまうことが多く、読み手はここにストレスを感じます。

次のようなポイントに気をつけて読み手の立場に立って書くと、読みやすく負担をかけない文章になります。

1.主役を早く登場させる

【文例1】
次々と新しい事象が発生し、同時並行で複数業務を行わなければならない点に、本社業務の難しさがあります。

文例1は、製造現場の仕事に比べ、本社業務の何が難しいのかを書いた文章です。「本社業務の難しさ」というこの文章の主役が最後に出てくるので、読み手はしばらく「何の話かな?」と落ち着きません。もっと長い文章なら、読むのを止めてしまいかねません。

次の改善案のように主役を早く登場させれば、読み手は安心して読み進むことができます。

【改善案】
本社業務の難しさは、次々と新しい事象が発生し、同時並行で複数業務を行わなければならない点にあります。

(『文章力を伸ばす』60ページ)

日本実業出版社
2017年5月31日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

日本実業出版社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社日本実業出版社のご案内

ビジネス書、教養書、実用書を中心とした書籍を出版している日本実業出版社の公式サイト。新刊情報を中心に、読者のみなさまに役立つ本の情報をお届けします。また著者インタビューやイベントレポートなど、書籍にまつわるここだけの話を特集・記事にてお読みいただけます。