町山智浩が推薦! 田原総一朗と越智道雄が真珠湾攻撃からトランプ政権の誕生までを語る

リリース

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「朝まで生テレビ!」など精力的に活動するジャーナリストの田原総一朗とアメリカへの造詣が深い文化研究者の越智道雄による『さらば愛と憎しみのアメリカ~真珠湾攻撃からトランプ大統領まで~』が6月1日に刊行された。

 映画評論家の町山智浩は、アメリカでの動向に詳しくテレビ番組等でコメントを求められることも多いが、その町山が「アメリカの裏の裏まで教えてくれた」と言わしめる越智道雄とジャーナリストの田原総一朗が太平洋戦争からトランプ政権の誕生までを語った一冊。

 太平洋戦争、米ソ冷戦、朝鮮戦争、そしてアフガンとふたつのイラク戦争……ふたりの対話によって日本とアメリカを、歴史的な視野から見直す必読の“日米愛憎史”となっている。

2017年6月6日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加