文章にすると、きっと上司の気に障る「話し言葉」10選――飾り、逃げ腰、ずらし表現は嫌われる

ニュース

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こ、この文章なんとかならんのか…  モデル:ゆうせい photo すしぱく/ぱくたそ(www.pakutaso.com)

新しい「話し言葉」には要注意!

言葉は、好むと好まざるとに関わらず時代とともに変化していきます。特に若者たちは新しい話し言葉をどんどん発明するので、大人(?)はなかなかついていけないのですが、気づいた時には影響されていて、「おれ的には正直アリだね」なんて会社のエライ人が言ったりします。

でも、新しい話し言葉の多くはすぐに消えて行きます。その中の僅かな表現だけが定着し、いずれ書き言葉としても受け入れられます。ですから、生まれたばかりの話し言葉を書き言葉として使うと、薄っぺらい文章になってしまいます。

たとえば、若手社員が提案書に次のように書いたら、読み手の上司はどう反応するでしょうか。

「検討した結果、私の中ではB案を提案するという形をとらせていただきます」

「何が『私の中』だ。私に中も外もあるものか。なぜ『提案します』とはっきり言えないのだ」

という上司のイライラする姿が目に浮かびます。

このような、読む人をきっとイラつかせるであろう「書き言葉にも使ってしまう話し言葉」はたくさんあります。以下に10の文例をあげるので、上司や同僚と円滑にコミュニケーションをとりたい人はチェックしてみてください。

(以下の内容は阿部紘久著『文章力を伸ばす』の内容の一部を再構成して掲載しています。文例も同書からの引用です)

意味のない飾り──「の方」「形」「中」「なります」

「このままではちょっと味気ないかな」「もうちょっと丁寧に書こう」。こんな気持ちのあらわれなのでしょう、文中に「飾り」を入れる人が少なくありませんが、ほとんどの場合意味がありません。話し言葉ではそれほど気にならなくても、書き言葉にそのまま使うのはとても不自然です。冗長にさえ感じられます。

1.「の方」
・今日は全国的に晴れて、気温の方が上がっています。
・少しでも負担の方を軽減できればと考えています。

2.「形」

・来年1月から営業開始というをとらせていただきます。

3.「中」
・私ので、「マナー」とは相手への思いやりから生ずる行動なのだと思う。

以上の3つは最近よく使われる言い回しですが、下線の部分は全部不要です。1.の「負担の方」は一見丁寧なようですが、何かの言い訳のようにも聞こえます。2.は「~営業を開始させていただきます」、3.は、「私は~なのだと思う」で十分言いたいことを伝えることができます。

4.「なります」

次は、実際にあった「口座振替依頼書の記入要綱」です。ちょっと長めの文章ですがお付き合いください。

・振込口座は、原則として本人が講座名義人になっているものとなります。委任状には住所・氏名・押印が必要になります。記載に不備がある場合にはこちらからご返送し、ご修正いただくことになります。ゆうちょ銀行の口座番号は7ケタの数字が入ることになります。振り込み手続き終了まで、約3週間が必要となります

日本実業出版社
2017年6月6日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

日本実業出版社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社日本実業出版社のご案内

ビジネス書、教養書、実用書を中心とした書籍を出版している日本実業出版社の公式サイト。新刊情報を中心に、読者のみなさまに役立つ本の情報をお届けします。また著者インタビューやイベントレポートなど、書籍にまつわるここだけの話を特集・記事にてお読みいただけます。

関連ニュース