「マイナス」は抜け毛と考える!? 人気塾講師が明かす中学数学攻略法――誰も教えてくれなかった“子どもが数学を好きになる工夫”とは?

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


中学生になって、数学でつまづく子が多い(photo by かっちゃん/photoAC)

苦手な人にも知ってほしい、「数学の面白さ」って?

業務で表計算ソフトを使ったり、プログラミングを学ぶうえで必要になるなど、数学の知識は大人になっても意外なところで問われます。そうした場面で「もっと数学を勉強しておけば良かった……」と後悔する人も少なからずいるでしょう。子どもがいれば「子どもには絶対に自分と同じ過ちを繰り返してほしくない」とも思うかもしれません。

しかし、自分が数学に苦手意識を持ったままだと、数学の面白さや楽しさを伝えることもままなりません。では、数学の面白さは一体どこにあり、どう伝えたらいいのでしょうか?

数学校の頃から数学が好きで大学を卒業するまで数学を学び、現在は経理を担当しているAさん(20代女性)は、その魅力について次のように語ります。

「数学がなぜ面白いかというと、答えが1つしかないからです。アプローチの仕方はたくさんあるけれど、最終的に行きつく場所は1つなのでシンプルに考えられます」

答えが1つだからシンプル。もちろん、100人の数学好きに聞けば100通りの答えがあるでしょう。しかし、これが数学の魅力の一側面を表しているのではないでしょうか。

人気塾講師が試行錯誤の末につかんだ、数学嫌い克服のコツ

ただ、それでも難しく感じてしまうのが数学。たったの1つの答えに辿りつけないから、苦手意識を持ってしまいます。

『中学数学のつまずきどころが7日間でやり直せる授業』の著者で、個別指導塾「新学フォーラム」代表で人気塾講師の西口正さんは、さまざまな工夫を用いて、数学の苦手な子どもたちを数学好きに変えてきました。

そんな西口さんは、数学嫌いの子どもたちを指導するコツを次のように明かします。

数学嫌いな生徒はそもそも数学に対する関心がなく、学習意欲も上がりません。手取り足取り教えても、なかなか関心や学習意欲が定着しません。

(中略)例えば、「平方根はババ抜き、2つそろうと外に出せる」など、誰もが知っている話題にたとえて説明するようにします。すると、数学嫌いな生徒でも、数学のおもしろさが少しずつわかってきて、数学に対する苦手意識を取り除くことができ、だんだん興味をもつようになります。それが理解につながっていくのです。

(本書1~2ページより)

特に算数から数学に変わり、急に複雑さを増す中学数学の基礎部分は、数学嫌いになるかならないかの最大のつまずきポイントです。

だからこそ中学の段階で苦手意識を払しょくし、面白さや楽しさを教えることができれば、それ以降も数学好きでいられる可能性が高くなるのです。

中学生になって最初に習う「マイナス」を見くびるな!

西口さんが教えてくれる、楽しく、分かりやすく数学を学ぶ方法の1つは、何かに置き換えて具体的に考えてみること。本書から1つ、例を取り上げてみましょう。

日本実業出版社
2017年6月5日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

日本実業出版社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社日本実業出版社のご案内

ビジネス書、教養書、実用書を中心とした書籍を出版している日本実業出版社の公式サイト。新刊情報を中心に、読者のみなさまに役立つ本の情報をお届けします。また著者インタビューやイベントレポートなど、書籍にまつわるここだけの話を特集・記事にてお読みいただけます。