第157回芥川賞・直木賞の候補作が決定

文学賞・賞

8
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第157回の芥川賞と直木賞の候補作が20日に発表された。

 芥川賞の候補に選ばれたのは、今村夏子さん「星の子」、温又柔さん「真ん中の子どもたち」、沼田真佑さん「影裏(えいり)」、古川真人さん「四時過ぎの船」の4作。候補作がわずか4作というのは戦後では最少となる。今村さんは「あひる」で2016年上期の同賞の候補に、古川さんは「縫わんばならん」で2016年下期の候補となっている。

 直木賞の候補は、木下昌輝さん『敵の名は、宮本武蔵』、佐藤巖太郎さん『会津執権の栄誉』、佐藤正午さん『月の満ち欠け』、宮内悠介さん『あとは野となれ大和撫子』、柚木麻子さん『BUTTER』の5作。佐藤さんは昭和58年デビューのベテラン作家だが、直木賞の候補となるのは初めて。柚木さんは4度目、宮内さんは3度目、木下さんは2度目の候補となった。

 選考会は7月19日に東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれる。

akutagawa2017_zenhan
左から小説トリッパー春号、すばる4月号、文學界5月号、新潮6月号

【芥川賞候補作】
「星の子」今村夏子(小説トリッパー春号)
「真ん中の子どもたち」温又柔(すばる4月号)
「影裏(えいり)」沼田真佑(文學界5月号)
「四時過ぎの船」古川真人(新潮6月号)

akutagawa2017_zenhan
左から『敵の名は、宮本武蔵』木下昌輝、『会津執権の栄誉』佐藤巖太郎、『月の満ち欠け』佐藤正午、『あとは野となれ大和撫子』宮内悠介、『BUTTER』柚木麻子

【直木賞候補作】
『敵の名は、宮本武蔵』木下昌輝(KADOKAWA)
『会津執権の栄誉』佐藤巖太郎(文藝春秋)
『月の満ち欠け』佐藤正午(岩波書店)
『あとは野となれ大和撫子』宮内悠介(KADOKAWA)
『BUTTER』柚木麻子(新潮社)

Book Bang編集部

2017年6月23日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加