虎屋のお菓子付きイベント開催 和菓子の隠れたエピソードを語る

イベント

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 歴史に登場する人たちと和菓子の隠れたエピソードを綴った『和菓子を愛した人たち』の刊行を記念したトークイベントが7月18日(火)に東京神楽坂のla kaguにて開催される。

 日本を代表する和菓子店「虎屋」の貴重な資料や器物を保管し、機関誌「和菓子」を発行する「虎屋文庫」が、紫式部からペリーまで歴史上の人物に愛されてきた和菓子の世界を語る。今川焼のような庶民的なものからお殿様しか口にできない豪華な落雁まで、さまざまな資料を基に和菓子の秘話や裏話を紹介する。

 当日は虎屋の最中「御代の春」が提供され、会場では『和菓子を愛した人たち』および関連書籍を販売する。

トークイベント
■日程:2017年7月18日(火) 19時~
■場所:la kagu(ラカグ)2F レクチャースペースsoko
■料金:1,500円/1,300円(神楽坂ブック倶楽部会員限定)
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01m32tyy4whn.html

虎屋文庫とは
1973年、和菓子文化の伝承と創造の一翼を担うことを目的として設立された、和菓子の資料室。長年にわたり宮中の御用を勤めてきた虎屋の貴重な資料や器物を保管整理し、機関誌「和菓子」の発行や展示などを通して和菓子の魅力を広める活動をしている。2017年6月に『和菓子を愛した人たち』(山川出版社)を刊行。

2017年6月26日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ニュース