《新潮文庫の100冊 2017》がスタート 純金のしおりが当たる

イベント

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新潮文庫の100冊
新潮文庫の100冊

 新潮社が毎年展開しているフェア「新潮文庫の100冊」がスタートした。

 今年の「新潮文庫の100冊」には、宮部みゆき『荒神』や湊かなえ『豆の上で眠る』、朝井リョウ『何者』、河野裕『いなくなれ、群青』などがラインナップされ、フェア対象本を1冊買うと新潮文庫のキャラクター「キュンタ」のしおり(4種類)がその場でもらえる。

 ほかに、アイドルグループ「嵐」の大野智主演で映画化された「忍びの国」やマーティン・スコセッシ監督による映画「沈黙―サイレンス―」の原作、2016年に岩手県盛岡市にある「さわや書店フェザン店」が《文庫X》として表紙を隠す売り方をして話題を呼んだノンフィクション作品『殺人犯はそこにいる』なども対象となっている。

 期間中はInstagramやTwitterにハッシュタグ「#キュンタ」を付けて投稿すれば、抽選で100名様に「純金キュンタしおり」が当たるキャンペーンを実施する。

 また、夏目漱石『こころ』や星新一『未来イソップ』、トルーマン・カポーティ・著、村上春樹・訳『ティファニーで朝食を』など計8冊の限定プレミアムカバーも発売される。

新潮文庫の100冊 2017
http://www.100satsu.com/

2017年6月28日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加