恋の始まりを思い出し、悶絶する中年男性続出 女子高生と45歳ファミレス店長の恋物語

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月19日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、コミックス第1位は『七つの大罪(27)』が獲得した。
 第2位は『ダイヤのA act2(8)』。第3位は『食戟のソーマ(25)』となった。

 4位以下で注目は7位にランクインした『恋は雨上がりのように(8)』。クールで不器用な女子高生が恋をしたのはアルバイト先のファミレスの店長だった。45歳の冴えないおじさんに恋する17歳の女子高生を繊細なタッチで描く、正統派ラブストーリー。「マンガ大賞」や「このマンガがすごい!」などにもランクインし、年齢性別を超えた人気を獲得している作品。現実ではなかなかありえない設定だが、恋心がリアルにみずみずしく描かれ、悶絶する中年男性が続出している。なかなか進まない二人の恋愛模様にやきもきする読者も多いが、今巻でもまだ終わりは見えない模様。3月には2018年1月よりフジテレビ系でアニメ化されることが発表された。

1位『七つの大罪(27)』鈴木央[著](講談社)

太古の聖戦。その無慈悲なる戦の只中、それぞれに追い詰められるキングとディアンヌ。迫る試練の瞬間。二人が下す究極の決断は!? そして、再び結集した〈七つの大罪〉。休息も束の間、彼らに次なる闘いの兆しが訪れる……。すべての〈罪〉が揃ってなお、先の死闘に終わりはない。残る〈十戒〉を掃滅し、この地に光を取り戻すまで──!!(講談社ウェブサイトより)

2位『ダイヤのA act2(8)』寺嶋裕二[著](講談社)

全国各地で強豪同士が激突する、5月の大型連休。夏前の調整として、青道高校も他校との練習試合に明け暮れる。連休2日目の対戦相手は、プロ注目の好打者・美馬を擁する、甲子園常連校の群馬・白龍高校。俊足揃いの超機動力野球に、先発・沢村が立ち向かう。(講談社ウェブサイトより)

3位『食戟のソーマ(25)』附田祐斗[原作]佐伯俊[作画]森崎友紀[協力](集英社)

始まった「連隊食戟」! 敗れた仲間の想いを背負い、創真・一色・女木島の3人が先陣を切る! 創真が強運(?)で引き当てたテーマ食材は「そば」。対戦者・紀ノ国の必殺料理でもある食材に、どう挑むのか!?(集英社ウェブサイトより)

4位『ポーの一族 春の夢』萩尾望都[著](小学館)

5位『HUNTER×HUNTER(34)』冨樫義博[著](集英社)

6位『東京タラレバ娘(9)』東村アキコ[著](講談社)

7位『恋は雨上がりのように(8)』眉月じゅん[著](小学館)

8位『甘々と稲妻(9)』雨隠ギド[著](講談社)

9位『約束のネバーランド(4)』出水ぽすか[著]白井カイウ[原作](集英社)

10位『銀魂(69)』空知英秋[著](集英社)

〈コミックスランキング 7月19日トーハン調べ〉

BookBang編集部

Book Bang編集部
2017年7月22日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加