「銀魂」「ジョジョ」「東京喰種」コミック実写映画が続々公開 ノベライズの売上にあらわれる映画の評価

ニュース

12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月25日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、新書ノンフィクション第1位は『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』が獲得した。新書ノベルス第1位は『映画ノベライズ 銀魂』が獲得した。

 ノベルスランキングで注目は7位にランクインした『映画ノベライズ ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない(1)』。8月4日より公開される漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の実写映画版の小説化作品だ。主役の東方仗助を俳優の山崎賢人さんが演じる。鮮烈なビジュアルをもつコミックだけに、映画化が報じられるとファンの間では心配の声が広がった。しかし映画の予告編などが公開されだすとビジュアル面では「意外に良い」「これは見てみたい」と評価する声もあがっている。

 この夏はコミックの実写映画版が豊作だ。「銀魂」(7月14日公開)「東京喰種」(7月29日公開)「ジョジョ」(8月4日公開)と続く。「銀魂」の映画版は公開二週目で累計興行収入17億円を突破(興行通信社調べ)。ノベライズ版も先週(7月19日調べ)の2位から今週は1位へとランクアップしている。さらに一週前(7月11日調べ)の映画公開前の段階ではランク外。これは映画を見たうえで、面白かったのでノベライズ版も買う、という観客が多いことの証だ。

 今週7位の「ジョジョ」、10位の「東京喰種」はどちらも映画公開前だが「銀魂」と違い既にランクインしている。ノベライズ作品を手掛ける編集者によると、事前にノベライズ版を読み、原作からの改変具合をチェックし、映画に行くか行かないかを決めるファンも多いという。公開後に「銀魂」のようにランクアップとなるか、はたまた圏外へ脱落してしまうのか――。映画公開後のノベルスランキングから各映画版を観客はどう評価したのか、読み取ることができるだろう。

■新書 ノンフィクションランキング

1位『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』ケント・ギルバート[著](講談社)

日本人に「自虐史観のアホらしさ」を気づかせてくれたのはアメリカ人だった……ベストセラー連発、日本人より日本文化を深く知っているケント・ギルバートの新境地! 中国や韓国と上手に付き合うには、まず「自己中心主義」の大本たる儒教の本質を知り、そして日本は儒教国家でないことを認識すべし!!(講談社ウェブサイトより)

2位『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』河合雅司[著](講談社)

日本が人口減少社会にあることは「常識」。だが、その実態を正確に知る人はどのくらいいるだろうか? 人口減少に関する日々の変化というのは、極めてわずか。ゆえに人々を無関心にする。だが、それこそがこの問題の真の危機、「静かなる有事」である。書店には、人口減少・少子高齢社会の課題を論じた書物が数多く並ぶ。しかし、テーマを絞って論じるにとどまり、恐るべき日本の未来図を時系列に沿って、かつ体系的に解き明かす書物はこれまでなかった。(略)本書が、その画期的な役目を担おう。(講談社ウェブサイトより抜粋)

3位『定年後 50歳からの生き方、終わり方』楠木新[著](中央公論新社)

自営業などを除けば誰もがいつか迎える定年。社会と密接に関わってきた人も、組織を離れてしまうと、仕事や仲間を失って孤立しかねない。お金や健康、時間のゆとりだけでは問題は解決しない。家族や地域社会との良好な関係も重要だ。第二の人生をどう充実させたらよいか。シニア社員、定年退職者、地域で活動する人たちへの取材を通じ、定年後に待ち受ける「現実」を明らかにし、真に豊かに生きるためのヒントを提示する。(中央公論新社ウェブサイトより)

4位『発達障害』岩波明[著](文藝春秋)

5位『応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱』呉座勇一[著](中央公論新社)

6位『孤独のすすめ 人生後半の生き方』五木寛之[著](中央公論新社)

7位『好きなことだけで生きていく。』堀江貴文[著](ポプラ社)

8位『バッタを倒しにアフリカへ』前野ウルド浩太郎[著](光文社)

9位『知らないと恥をかく 世界の大問題(8) 自国ファーストの行き着く先』池上彰[著](KADOKAWA)

10位『「司馬遼太郎」で学ぶ日本史』磯田道史[著](NHK出版)

■新書 ノベルスランキング

1位『映画ノベライズ 銀魂』田中創[小説]空知英秋[原作]福田雄一[脚本](集英社)

2位『十津川警部 日本遺産からの死の便り』西村京太郎[著](徳間書店)

3位『ドクター・メフィスト 消滅の鎧』菊地秀行[著](祥伝社)

4位『竜人と運命の対』櫛野ゆい[著](リブレ)

5位『僕のヒーローアカデミア(1) 雄英白書』堀越耕平[原作]誉司アンリ[小説](集英社)

6位『僕のヒーローアカデミア(2) 雄英白書』堀越耕平[原作]誉司アンリ[小説](集英社)

7位『映画ノベライズ ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない(1)』浜崎達也[小説]荒木飛呂彦[原作]江良至[脚本](集英社)

8位『ハイキュー!! ショーセツバン!!(8)』古舘春一[原作]星希代子[著](集英社)

9位『激闘太平洋1942(3)満州、最後の決戦』中岡潤一郎[著](電波社)

10位『東京喰種 トーキョーグール:re Novel[quest]』石田スイ[原作]十和田シン[著](集英社)

〈新書 ノンフィクション / 新書 ノベルス ランキング 7月25日トーハン調べ〉

BookBang編集部

Book Bang編集部
2017年7月29日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加