【手帖】世界の“歴史料理”の再現レシピ本

ニュース

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 古代ギリシャの哲学者やブルボン朝フランスの宮廷人は、どんな料理を食べていたのか? そして、もし食べられるのなら食べてみたいもの。この素朴かつ調べると手間な疑問にまじめに取り組んだのが、異色の料理本『歴メシ! 世界の歴史料理をおいしく食べる』(遠藤雅司著、柏書房・1700円+税)。

 古代メソポタミアから19世紀ドイツ帝国まで、8時代40品のレシピを収録。各種文献を渉猟して得たレシピ(現代風アレンジ込み)に、おいしそうな再現写真を添える。解説を読むうちに、ルネサンス期にはイタリア北部で米料理が食べられていたこと、鉄血宰相ビスマルクの異常な暴飲暴食など、歴史雑学も豊富に身につく

産経新聞
2017年9月10日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

産経新聞社「産経新聞」のご案内

産経ニュースは産経デジタルが運営する産経新聞のニュースサイトです。事件、政治、経済、国際、スポーツ、エンタメなどの最新ニュースをお届けします。