吉田秋生の名作コミック『BANANA FISH』のアニメ化が決定

映像化

5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吉田秋生『BANANA FISH』のアニメ化! (C)吉田秋生・小学館/Project BANANA FISH
吉田秋生『BANANA FISH』のアニメ化! (C)吉田秋生・小学館/Project BANANA FISH

 吉田秋生『BANANA FISH』のアニメ化が決定した。2018年にフジテレビの“ノイタミナ”枠で放送される。

 小学館の少女漫画雑誌「別冊少女コミック」で1985年~1994年まで連載された『BANANA FISH』は、1985年のニューヨークを舞台に、ストリートキッズのボス・アッシュと日本人の青年・英二が、謎の薬物「バナナフィッシュ」をめぐり、マフィアと暗闘する物語。1994年にNHK-FM「青春アドベンチャー」でラジオドラマが制作され、2005、2009年に演劇ユニット・アクサル(Axle)が舞台化、2012年にも磯村洋祐(劇団EXILE)と竹内寿のW主演で舞台化されている。

 アニメ化は吉田のデビュー40周年を記念したプロジェクトとなり、映像化は今回が初めてとなる。監督は「Free!」の内海紘子、シリーズ構成は「進撃の巨人」「亜人」「いぬやしき」の脚本を担当している瀬古浩司、キャラクターデザインは「フルーツバスケット」「少女革命ウテナ」の作画で知られる林明美、アニメーション制作は「この世界の片隅に」「ユーリ!!! on ICE」を制作したMAPPAが手掛ける。

 今後の最新情報は、アニメ公式HPやTwitterで随時公開される予定だ。

 そのほか、吉田のデビュー40周年を記念した書籍「漫画家本special 吉田秋生本」が、12月25日に発売される。同書では、コミックス未収録の幻の短編やツイッターで募集した「吉田秋生への質問」に答える座談会、過去の対談、受賞時のスピーチなどが収録される。

アニメ『BANANA FISH』
■原作:吉田秋生「BANANA FISH」(小学館 フラワーコミックス刊)
■監督:内海紘子(「Free!」)
■シリーズ構成:瀬古浩司(「いぬやしき」)
■キャラクターデザイン:林明美(「同級生」)
■アニメーション制作:MAPPA(「ユーリ!!! on ICE」)
■アニメ公式HP:http://bananafish.tv/
■アニメ公式Twitter:@bananafish_tv

2017年10月23日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加