小川洋子原作の舞台「密やかな結晶」に石原さとみが出演

映像化

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

石原さとみ
石原さとみ

「博士の愛した数式」で知られる作家・小川洋子の小説『密やかな結晶』を原作とする舞台が、2018年2月に東京芸術劇場プレイハウスにて上演される。

 4年ぶりの舞台出演となる女優の石原さとみが主演を務め、香水や鳥、帽子など様々なものが消滅し、その度に記憶も失っていく不思議な島で暮らす小説家役に挑戦する。

 上演にあたって「ここ何年もずっと舞台への思いを強く持っていたので、4年ぶりに舞台に立たせて頂けることを心から嬉しく思います」と喜びを語る石原は、「原作を読み、是非これを舞台化して演じてみたいと思い、お願いした作品です」と舞台化を望んでいた作品だったことを明かしている。

 脚本・演出は「愛を乞うひと」「焼肉ドラゴン」の鄭義信が務め、出演者に村上虹郎、鈴木浩介、山内圭哉、ベンガル、藤原季節、山田ジェームス武、福山康平、風間由次郎などが顔を揃える。

 チケットの一般発売は11月25日(土)より開始され、先行予約はホリプロオンラインチケットにて11月1日(水)より受付が開始される。

舞台「密やかな結晶」
■日程:2018年2月2日(金)~25日(日)
■劇場:東京芸術劇場 プレイハウス (東京・池袋)
■脚本・演出:鄭義信
■出演:石原さとみ/村上虹郎/鈴木浩介/藤原季節/山田ジェームス武/福山康平/風間由次郎/江戸川萬時/益山寛司/キキ花香/山村涼子/山内圭哉/ベンガル
■原作:小川洋子『密やかな結晶』(講談社文庫)
■主催:ホリプロ
■チケット料金(全席指定・税込):S席=¥9,000 サイドシート=¥7,000
■チケット一般発売日:11月25日(土)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加