【手帖】集英社が異色の美術全集刊行

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 集英社の創業90周年記念企画「ART GALLERY テーマで見る世界の名画(全10巻)」(青柳正規、木島俊介、中野京子監修、各5000円+税)の刊行が始まった。同社では約30年ぶりの美術全集で、第1回配本から増刷の好スタート。

 9月刊の「ヴィーナス」「肖像画」に続き、11月から「風景画」「宗教画」「ヌード」「静物画」「歴史画」など毎月1巻を発売。

 美術全集は時代別、画家別が基本だが、長谷川浩編集長は「テーマ別にすることで、そのジャンルの名画、展覧会の目玉としてお客を呼べるような作品が一冊で網羅できる。古代から現代までの歴史、テクニックの変遷なども勉強になる」と話す。

 来年予定されている展覧会でも「テーマ別」が増えるなど、「流れがきている」と長谷川編集長。

 30センチ×30センチの大判サイズで約300人、650点以上の作品を収録。各巻、詳細な解説や年表のほか、伊集院静、江國香織、小川洋子各氏ら作家による関連エッセーなど、さまざまなアプローチで魅せている。

産経新聞
2017年11月5日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

産経新聞社「産経新聞」のご案内

産経ニュースは産経デジタルが運営する産経新聞のニュースサイトです。事件、政治、経済、国際、スポーツ、エンタメなどの最新ニュースをお届けします。