角田光代×河野丈洋トークショー「今晩どこで、誰と飲む?」

イベント

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 作家の角田光代とミュージシャンの河野丈洋によるトークイベントが12月7日(木)に東京・神楽坂にあるキュレーションストア〈la kagu〉で開催される。

「芸術新潮」で連載された『もう一杯だけ飲んで帰ろう。』の刊行を記念して行われるイベントでは、夫婦ならではの酒飲み話を語る。また、河野によるライブも予定されている。

 トーク終了後には、会場で書籍を買われた方を対象に、角田光代、河野丈洋によるサイン会が行われる。

『もう一杯だけ飲んで帰ろう。』は、居酒屋や昼飲みの聖地、近所の古本酒場、旅先の味を求めて探したミャンマー料理など、二人で訪れたお店をそれぞれの視点で綴ったエッセイ全38篇が収録されている。

トークイベント
■日程:12月7日(木) 19時~
■場所:la kagu(ラカグ)2F レクチャースペースsoko
■料金:2,000円/1,800円(神楽坂ブック倶楽部会員限定)
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01js1tz7xaka.html

角田光代
1967年神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。90年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。2005年『対岸の彼女』で直木賞、07年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、11年『ツリーハウス』で伊藤整文学賞、12年『紙の月』で柴田錬三郎賞、『かなたの子』で泉鏡花文学賞、14年『私のなかの彼女』で河合隼雄物語賞を受賞。

河野丈洋
1978年埼玉県生まれ。2001年GOING UNDER GROUNDのドラマーとしてデビュー、15年1月同バンドを脱退。09年よりソロ活動を開始、ドラムの他にギター、ピアノを演奏するマルチプレイヤー。他のアーティストへの楽曲提供や映画、ドラマのサウンドトラック、舞台音楽製作などの活動も行う。

2017年11月14日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加