非正規から抜け出せずに苦しむ40代の現実とは? 非正規労働の実態に迫るルポタージュ

リリース

6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 非正規労働の実態に迫るルポタージュ『非正規クライシス』が20日(月)に朝日新聞出版から発売された。

 2016年から2017年にかけて朝日新聞紙面に掲載された非正規労働に関する記事を大幅に加筆した『非正規クライシス』は、3年ごとに職場を転々とする派遣労働者や図書館・保育所で働く非正規公務員の実態、増え続ける非正規シニアなど、「非正規」にまつわるさまざまな問題を朝日新聞の記者が取材した一冊。

「売り手市場」といわれる新卒の就職戦線の裏で、非正規から抜け出せずに苦しむ40代の現実とは? また、40代の非正規化がいかに日本経済のマイナス要因になっているかも解説する。

 著者は厚生労働省や連合、電機・流通業界などを担当してきた朝日新聞特別報道部記者の北川慧一、首相官邸や外務省で経済政策や通商交渉を担当してきた朝日新聞千葉総局記者の古賀大己、朝日新聞報道局編集委員の澤路毅彦の3名。

2017年11月21日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加